カテゴリー別アーカイブ: 未分類

腰痛を押さえるために意識すべき二つのこと

腰痛というのは、日頃から姿勢の歪みによって引き起こされる症状です。ですので短期間で腰痛を治すというのは難しい側面があります。

腰痛を治すためにはシップを貼ったり、整形外科でお薬を処方してもらう等の方法がありますが、
これは表面的な腰痛の痛みを抑えただけで根本的な解決にはなっておりません。

やるべきことは通り周りだと思われる方法かもしれませんが、腰痛にならないような姿勢作りが必要なのです。

いまから腰痛を押さえる2つのことについてお伝えします。

まず一つ目は座っている時も立っている時も姿勢を伸ばすことを意識することです。
当たり前のように思われるかもしれませんが、とても重要な事です。

背筋を伸ばすことで、歪んだ背骨がしっかりと一直線に伸ばすことができますので、姿勢を矯正することができます。

それをまず意識的に5分間繰り返し行なってみてください。腰が痛い人は無理をしない範囲で行ってもらっても構いません。

痛みを伴う人はそれだけ姿勢が歪んでいる証拠です。腰痛を治すためにも、背筋を伸ばすことを意識してみてください。

そして二つ目のポイントが腹直筋を伸ばすことです。これはどういうことかといいますと。
腹筋つまりお腹の筋肉ですが、これは別称で腹直筋と呼ばれており、

この筋肉をあごを上にあげて、腹直筋を伸ばすように意識すると、さらに姿勢が良くなります。

背筋を伸ばして、腹直筋を伸ばす。この二つのポイントを意識することで、たちまち姿勢を矯正することができてしまいます。

始めの内は慣れないかもしれませんが、頑張ってこの二つのポイントを意識してやってみてください。

目安の期間は半年です。先程も書きましたが、長い生活習慣によって腰痛を引き起こす程の姿勢の歪みが生じてしまったのです。

腰痛を改善させるのはそう簡単なことではありません。なおこの二つの方法を実践している間は、なるべく日常生活で腰に負担のかかるようなこと(腰を曲げたり、重たいものをもつ)などを極力避けるようにしてくださいね。

腰痛にコルセットは逆効果かも

腰痛で病院へ行くとコルセットをもらえるときがあります。しかしこれは絶対自分にあっているというわけではなく、一般的な体にあわせたコルセットです。ですから一般的な体格の人には向いているかもしれませんが全世界の人にあっているとは限りません。
私はあっていないタイプでしたので、コルセットをつけることによって余計腰痛が悪化してしまいました。
コルセットは腰の痛い部分を押さえてくれるのですが、痛い部分を押さえる代わりに他の腰の部分を庇おうと違うところが痛んでしまうのです。

人体というものは不思議なもので、意識をしていなくても他の部分を庇おうという動きをしてしまうのです。筋肉痛も同じだと思うのですが、筋肉痛になると、そこを使わないようにしてしまい、他の部分が痛くなってしまうのです。それと同じことが腰痛のコルセットにも言えると思います。

だからといって、コルセット全反対か、というとそういうわけではなく、コルセットに頼ることも一種の手段手法だと私は思っています。確かにコルセットをすることで痛んでいる原因の部分は保護することができますので、コルセットをつけている間はムリをしないのであれば一番効果的だとも思っています。
ただ、コルセットをしているだけで腰痛が絶対治るわけででゃありません。腰痛は癖になってしまいますので、腰を曲げるような生活を送っている人はコルセットをつけているときに意識して自分の生活を変えることもできるでしょうし、自分が最終的にどうなりたいのか腰痛をどうしたいのかを考えるいい機会だとも思っています。今だけの腰痛が解消されればいいのか、それとも今後も続くと予想される腰痛もカバーしたいのかなどです。
腰痛になってしまう原因を取り除きこれからは普通の生活を送りたいと思うのであれば、今までの生活での腰の使い方を変えるべきなのだと思います。
仕事で重たいものを持つような人は腰痛と一生付き合っていく必要があるかもしれませんので、仕事における上手な腰の使い方などネットや動画で研究するのもよいと思っています。腰がだめになると、人生もだめになってしまいます。一番大事な部分です。

ぎっくり腰の原因と予防法

数年前、うまれて初めてぎっくり腰になりました。ぎっくり腰の原因は、自力でタイヤ交換をしたことでした。タイヤを持ち上げた際に、グキッと、音がしたように感じました。その瞬間、腰に力が入らなくなり、へなへなと、その場にしゃがみこみました。ぎっくり腰の原因として考えられるのは、ひとつには加齢のせいかもしれません。若いころなら、少しぐらい重たいものを持ち上げても、体が痛くなることはあまりありませんでした。ところが、年齢を重ねるとともに、筋肉や関節も硬くなってくるのでしょうか。急に力を入れると、体を痛めやすくなったようです。ぎっくり腰の原因として、もう一つ考えられるのは、若いころのスポーツ暦かもしれません。かつては、筋力アップのため、連日のように重たいバーベルを担いでいました。激しいトレーニングを繰り返すことで、腰にもかなりの負担がかかっていたようです。しだいに、腰に痛みを覚えるようになり、治療に通ったこともありました。ただ、若いころの腰痛と、30代、40代で経験するぎっくり腰とは、程度が違うようです。年齢を重ねるうちに、腰の痛みがだんだん体にこたえる気がします。いかに腰痛を再発させないかが、大きな課題です。また適度な運動も、腰痛防止に有効なようです。また、寒い時期になると、腰痛も再発しやすいようです。雪国に暮らしているため、冬場になると、自動車のタイヤをスノータイヤに交換しなければなりません。業者に持ち込んでも、タイヤ交換ができるのですが、そのためには自分で車にタイヤを積み込まなければなりません。とくにマンションやアパートに暮らしていると、自宅から駐車場までタイヤを運ばなければなりません。この際、腰を痛めることもしばしばです。また、寒い季節になると、筋肉や関節も硬くなるようです。そのため、運動や重労働をする際には、準備運動などをすると、腰痛防止に有効かもしれません。最近では急に腰をかがめたり、重たい荷物を持ち上げるときは慎重に力を入れるなど腰に気をつけています。

慢性の腰痛には温湿布が良いって本当なの!?

長時間のデスクワークなどで慢性の腰痛を抱えている人も多いと思います。動けないほどの痛みではないけれど、いつまでも続くのはつらいですよね。

重い物を持ったり、ひねったりして、急にきた腰痛には、冷たい湿布が。そして慢性の腰痛には温湿布が適しています。急な腰痛、関節痛は、痛い部分が炎症を起こしているので、冷やして炎症をしずめるのがいいようです。反対に、慢性の痛みは体を温めることでやわらぎます。

温湿布だけではなく、お風呂に入ったり、温かい物を食べるなど、体全体を温めることが大事です。多くの慢性的な痛みは、血行不良が原因です。腰痛だけではなく肩こりなども、患部を温めて血行をよくすることで、痛みが緩和されます。

もちろん腰痛が慢性化しないようにすることも大事です。長時間同じ姿勢を取っている人は、意識して背筋を伸ばすなどのストレッチをしてみましょう。座った時に、猫背や反り腰、あごが前に出ていないかどうか姿勢をチェックするのも重要です。