腰痛にコルセットは逆効果かも

腰痛で病院へ行くとコルセットをもらえるときがあります。しかしこれは絶対自分にあっているというわけではなく、一般的な体にあわせたコルセットです。ですから一般的な体格の人には向いているかもしれませんが全世界の人にあっているとは限りません。
私はあっていないタイプでしたので、コルセットをつけることによって余計腰痛が悪化してしまいました。
コルセットは腰の痛い部分を押さえてくれるのですが、痛い部分を押さえる代わりに他の腰の部分を庇おうと違うところが痛んでしまうのです。

人体というものは不思議なもので、意識をしていなくても他の部分を庇おうという動きをしてしまうのです。筋肉痛も同じだと思うのですが、筋肉痛になると、そこを使わないようにしてしまい、他の部分が痛くなってしまうのです。それと同じことが腰痛のコルセットにも言えると思います。

だからといって、コルセット全反対か、というとそういうわけではなく、コルセットに頼ることも一種の手段手法だと私は思っています。確かにコルセットをすることで痛んでいる原因の部分は保護することができますので、コルセットをつけている間はムリをしないのであれば一番効果的だとも思っています。
ただ、コルセットをしているだけで腰痛が絶対治るわけででゃありません。腰痛は癖になってしまいますので、腰を曲げるような生活を送っている人はコルセットをつけているときに意識して自分の生活を変えることもできるでしょうし、自分が最終的にどうなりたいのか腰痛をどうしたいのかを考えるいい機会だとも思っています。今だけの腰痛が解消されればいいのか、それとも今後も続くと予想される腰痛もカバーしたいのかなどです。
腰痛になってしまう原因を取り除きこれからは普通の生活を送りたいと思うのであれば、今までの生活での腰の使い方を変えるべきなのだと思います。
仕事で重たいものを持つような人は腰痛と一生付き合っていく必要があるかもしれませんので、仕事における上手な腰の使い方などネットや動画で研究するのもよいと思っています。腰がだめになると、人生もだめになってしまいます。一番大事な部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です