腰痛を押さえるために意識すべき二つのこと

腰痛というのは、日頃から姿勢の歪みによって引き起こされる症状です。ですので短期間で腰痛を治すというのは難しい側面があります。

腰痛を治すためにはシップを貼ったり、整形外科でお薬を処方してもらう等の方法がありますが、
これは表面的な腰痛の痛みを抑えただけで根本的な解決にはなっておりません。

やるべきことは通り周りだと思われる方法かもしれませんが、腰痛にならないような姿勢作りが必要なのです。

いまから腰痛を押さえる2つのことについてお伝えします。

まず一つ目は座っている時も立っている時も姿勢を伸ばすことを意識することです。
当たり前のように思われるかもしれませんが、とても重要な事です。

背筋を伸ばすことで、歪んだ背骨がしっかりと一直線に伸ばすことができますので、姿勢を矯正することができます。

それをまず意識的に5分間繰り返し行なってみてください。腰が痛い人は無理をしない範囲で行ってもらっても構いません。

痛みを伴う人はそれだけ姿勢が歪んでいる証拠です。腰痛を治すためにも、背筋を伸ばすことを意識してみてください。

そして二つ目のポイントが腹直筋を伸ばすことです。これはどういうことかといいますと。
腹筋つまりお腹の筋肉ですが、これは別称で腹直筋と呼ばれており、

この筋肉をあごを上にあげて、腹直筋を伸ばすように意識すると、さらに姿勢が良くなります。

背筋を伸ばして、腹直筋を伸ばす。この二つのポイントを意識することで、たちまち姿勢を矯正することができてしまいます。

始めの内は慣れないかもしれませんが、頑張ってこの二つのポイントを意識してやってみてください。

目安の期間は半年です。先程も書きましたが、長い生活習慣によって腰痛を引き起こす程の姿勢の歪みが生じてしまったのです。

腰痛を改善させるのはそう簡単なことではありません。なおこの二つの方法を実践している間は、なるべく日常生活で腰に負担のかかるようなこと(腰を曲げたり、重たいものをもつ)などを極力避けるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です